ゲンタシン軟膏の効能と「ヘルペス」「にきび」について

ゲンタシン軟膏は、細菌による感染症の治療に用いる薬です。アミノグリコシド゙系の抗生物質で、いろいろな皮膚病を治癒する効能があるといわれています。ステロイドは含まれていないので、皮膚の薬として処方されても、ステロイドの使用を気にする心配はいりません。においもほとんどなく、半透明でなめらかな塗り薬になっているので、患部にも抵抗なく塗れます。



適応する細菌は多く、肺炎球菌以外のレンサ球菌属、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、緑膿菌など。一般的にはヘルパス、にきび、とびひなど誰もがかかるかもしれない皮膚病への塗薬として処方されることが多いようです。また、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、慢性膿皮症や外傷、熱傷、手術創などの二次感染などにも処方されます。ヘルパス、にきび、とびひへの薬としてのゲンタシン軟膏について、もう少し詳しく見ていきましょう。



まずヘルペスとは、ヘルペスウィルスの感染したことにより、皮膚に水泡ができる病気のことです。よく口唇、口のまわり、外陰部、指などにできます。そのヘルペスの治療薬としてゲンタシン軟膏は処方されます。ゲンタシン軟膏の役割は、細菌による二次感染の予防です。抗ウイルス薬のゾビラックス軟膏やアラセナA軟膏とともに使用されます。



つぎに、にきびへの抗菌薬を含む塗り薬としてもゲンタシン軟膏は処方されます。にきびを悪化させるにきび菌を殺菌するのです。しかし、にきびを完全になおしたいのであれば、抗菌薬に頼るより、こまめに洗顔して皮脂を落とすことにより肌を清潔に保つようにしたり、生活習慣の改善、睡眠・ストレス・便秘の解消のほうが根本的な治癒につながるでしょう。

ゲンタシン軟膏の副作用と「とびひ」について

ゲンタシン軟膏の副作用はほとんどありませんが、ときに発赤や腫れ、かゆみ、発疹などの過敏症状を起こすことがあるようです。そして抗生物質ですので、長期にわたって広範に利用すると耳鳴りやめまいが生じることもあります。最悪のケースでは難聴や腎障害を起こします。医師の指示に従って使用し、長期の大量使用はやめましょう。何らかのアレルギーを持っていたり、妊娠中や授乳中の方は特に医師に相談の上で使用しましょう。



ちなみに、とびひは皮膚の感染症で、傷、虫刺され、あせも、湿疹のひっかいた後などに化膿菌がついて水ぶくれなどを作ってしまう病気です。子どもがなりやすいですね。そのとびひへの抗生物質としてゲンタシン軟膏は処方されます。しかし最近の化膿菌は、抗生物質が効きにくく、菌によってはゲンタシン軟膏がほとんど効かなくなってきているようです。

Copyright © 2009 ゲンタシン軟膏について· All Rights Reserved·